鍼灸師の資格の独自性とは|リンパマッサージはスクールで学ぼう|未来に活きる
医者と看護師

リンパマッサージはスクールで学ぼう|未来に活きる

鍼灸師の資格の独自性とは

鍼灸

高度な資格としての鍼灸師

鍼灸マッサージは身体に多数存在するツボに対し、細い針や熱による刺激を加えることで疾患の緩和・治療を行う医療行為の一つで、東洋医学として扱われています。東洋医学には多くの資格がありますが、鍼灸マッサージを行うための鍼灸師の資格はその中で唯一国家資格として見なされる高度なライセンスです。国家資格を取るためには、専門学校などの教育機関で所定の内容を学んだあと、一定期間の実習を経たうえで卒業し、さらに国家試験に合格する必要があります。特に専門学校の場合は2年間でこれらすべてを達成する必要があるため、入学段階で資格取得までの計画を立てておくことに注意しましょう。事前に学習計画を立てておくことで、ハードと言われる実習期間もスムーズに乗り越えられ、国家試験対策の時間を確保しやすくなります。

具体的な資格のメリット

国家資格であるという点でほかの東洋医学の施術士と大きく異なる鍼灸マッサージの資格は、ただ単に取得の流れが異なるだけでなく、提供できる施術内容にも違いがあります。筋肉をほぐすマッサージなど、医療行為としては扱われない東洋医学系の有資格者は、具体的な疾患に対して施術を行うことができません。一方、国家資格として正式に認定されている鍼灸マッサージのライセンスがあると、治療対象となる疾患や施術による効果を患者に明示したうえで医療行為を行えます。このように、鍼灸師の資格は医師や看護師と並ぶ非常に信頼性のある資格で、医療機関で重宝されるため、取得すると医療機関への就職が比較的有利になるメリットがあります。